2009年03月06日

解離の生物学的メカニズムの仮説

 以下に解離の生物学的・生化学的なメカニズムに関する説明を2つ示すのだけれども、現段階においては、何れも十分な証明がなされたものではない(まだわかっていない)仮説の範囲を出ないものであると思って読んでください。


1.Kaphammerによる仮説

 解離の生物学的メカニズムの仮説においては、外傷体験(ADS)の適応の面からは、2つの基礎的反応があると想定され、特に子供においては、この2つの方法が各人の過去の発達の特定の面と関係すると仮定されている。

 人は典型的には外部の恐怖に警報反応により反応する(自己防衛本能システムの1つであり、環境に応じて条件反射で反応する)。これには「戦闘」か「逃走」かのパターン(fight of fight pattern)のための準備としての交感神経緊張の亢進であると考えられている。

 この過覚醒連続体は、中枢のHPA(視床下部−下垂体−副腎系)ACTHとコルチゾルの分泌により、免疫系の活性化による抹消のアドレナリンの分泌によりもたらされる。

 決定的な調節役は青斑核によっており、腹側被蓋核においても、橋や延髄の交感神経核の活動性の重要な調節役をしている。

 このため、長時間長く、或いは、反復する恐怖体験している場合には、この2つのコントロール中枢の過敏化を引き起こす可能性があり、また、結果として、小さな恐怖体験刺激に対してさえも、カテコールアミンの過剰な反応を起こす可能性もある。

 一方、解離連続体は悲観の基本的反応パターンと関係しており、これについては、"既に大系付けられた戦闘か逃亡かのパターンが成功しない場合"に、または、"子供のようにこのタイプの反応がまだ十分に発達していない場合"に活性化する。

 過覚醒連続体と同じように、最初はカテコールアミンとコルチコイドの分泌を伴うストレス反応がある。しかし、解離では過覚醒と違って、迷走神経の強い活性を伴っており、さらに中脳辺縁系の中脳皮質系のドバーミンニュールンが重要な役割を演じ、中枢の報酬システムを通じて、感情の調整に主要な影響を及ぼす。

 また、副走する内因性オピオイド系との連絡は、有害な刺激への知覚の変化を引き起こし、「時間・場所・現実」の感覚の歪をもたらす。実際に、多くのオピエトゴアニストは解離反応を起こしうることが確認されており、解離も過錯覚のように過敏化する。即ち、解離を主要な反応パターンとして使用する事に依存した(依存させるに至るだけの影響を及ぼした)脳の組織化が起こる。

 これら2つのパターンは基本的適応スタイルにおいて様々な割合で複合する事もあるとされている。





(...to be continue...)
posted by 0≠素子 at 14:46| 性に関する障害について(個人対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

重度に至った性機能障害が〔自殺傾向〕を引き起こす

 前に『科学データで見たプロファイル』というものを取り上げたが、胎児期から幼児期の間にDV環境にあると、『被虐待児になるとどうなるのか?』で取り上げたように、被虐待児に至った子供は発達障害を呈する。

 先にあげた科学データに漏れず、自身にも乳幼児期から幼児期の間には〔自殺傾向〕が出ており、自身の場合には、『幼児期の〔自殺傾向〕を示す行動パターンが止まったメカニズム』で示した流れで、『内在している〔自殺傾向〕は止まるのか?』といった問題を抱えるようになる。

 自身の場合、典型的な被虐待児であった父の障害の影響と経済的な生活苦の環境によって被虐待児に至り、父親からは〔祖母がそうだったように「悪い子」として嫌われ〕一切の愛情を受けていないので、逆エディプスコンプレックスも体験していないことから、〔異性に関する対応の認知障害発達〕を発生したのが原因で、未発達となった部分がある。即ち、〔未発達のまま〕、或いは、〔発達障害〕があるまま成長するに至っている。

 このような場合、成長過程の中で、しかも、通学するような環境になった頃から、しばしば〔異性に対応できない〕といった現象を引き起こすようになるが、それは、胎児期までの〔心的外傷を受けた傷〕にフラッシュバックする傾向にあることから対応できないのだが、それと同時に〔本来は愛情を受けられるべき「愛情を受けられることができなかったこと」、即ち「愛着障害」〕を同時に引き起こすことから、〔異性に対応できない〕といった現象が生じ易くなる。

 性嫌悪症などの性機能障害には、〔心的外傷体験〕が原因で障害を引き起こすこともあることがわかっており、一般的に挙げられやすいのが、性的な心的外傷体験が上げられるが、性的な心的外傷体験がなくても、厳格な家庭で育ったにしても、性機能障害を引き起こすようになる。

 即ち、〔被虐待児に至った体験での障害〕や〔発達障害〕を抱えたまま生きていくことになることから、成長過程の体験の中で〔心的外傷体験〕をいくつも体験していく中で、性機能障害を引き起こすようになる。

 その要因は、大まかに大別すれば、〔自身が抱えている障害によって生じた心的外傷体験〕と〔環境にいる周りの異性からの「性的な心的外傷体験」〕に分けられ、生きていく中で、経験値が積み重なっていった結果、〔重度の「性機能障害」を引き起こす〕に至ることがある。

 自身といえば、『今月発売された2点の作品について』で取り上げたように、次のような、重度の性機能障害を持っている。

 自身においては、性機能障害の診断分類でいえば、すべての分類に当てはまる複雑系で、精神的打撃による心因性由来の重度の性機能障害を持っており、しかも@獲得型(その性機能不全が、あるときを契機に現れた、A全般型(その性機能不全が、ある特定の刺激・状況またはパートナーに限られていない)、B心因型(心理的要因による性機能不全)となっている。(参考文献:『セックスレスの精神医学』で権威の安部輝夫医学博士より)

 即ち、具体的に示せば、「とにかく性に関することは何でもイヤ」というもので、経験があっても経験がなくても「イヤでイヤでしょうがない」という症状で、獲得型なので経験値が原因としており、「セックスがない世界へ行きたい」といった状態に至っているため、最も治療が困難とされる症状にある。

 その原因は、〔心的外傷体験〕が原因となっているが、まず、〔成長過程で父親より一切愛情を受けられなかったこと(厳格な家庭環境に育ったこと)〕と、〔それまで出会ってきた異性との関わりで "反社会的な男性が多かった" ことから、「男はみんな同じ」といった、非常に大きな「不振」と「懐疑」があり、「男は欲望を満たすために女を生物以下のモノ扱いにするものだ」〕といったものがある。

 このことから〔性的な好意〕を示されるだけでも、〔近づかれるだけ〕でも、〔性嫌悪症が発生〕し拒絶反応を引き起こす。「死にたくなる」或いは「セックスがない世界へ行きたい」といった症状を引き起こした結果、〔自殺傾向〕を引き起こすことになる。

 厳密に言えば、障害の状態がひどい場合、それまでの流れや立地条件によっては、健全な愛情を示す相手であったとしても、障害を引き起こしている可能性も否定は出来ないかと考えられる。

:このため、自身の場合は、これが認識が出来次第、即「安静の必要性について」その旨を告げて、独りにしてもらい、安静をとることにしている。―このため、安静できる環境が直ぐに整うほど、障害を大きくすることも、障害を悪化させることなく、安定した状態に戻せる。しかし、そのような環境でなかった場合には、更に障害を深刻化させることが多い。しかも、経験したものは蓄積していくものであることから、重度に進行させている場合もあり、更に事態を難しくしている。また、流れによって引き起こされている場合には、特に、事態を混沌と化させ易い状態に至る。このことから、その度に説明が要されるが、説明する中でフラッシュバックを引き起こすことさえもある。)

 このような状態からも考察すれば、実際に、最も障害を治すことが出来ない障害症状であることがわかる。


 一例として、以下に1つずつその根拠を示すことにする。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 17:33| Comment(0) | 性に関する障害について(個人対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

今後のリサーチ活動について

 一度削除してしまったブログをニューリアルした本ブログであるので、〔本題となるC-PTSDについての各自己研究データ〕や〔自身のプロファイル〕をまだ取り上げていない状態となっているが、現在自身が直面している非常に深刻な問題に至っている問題として、重度の性嫌悪症が更に深刻化していることが確認されたため、まず先にそれを回避するためのリサーチをすることに至った。

 性嫌悪症といえば、調べによれば、その原因とするものが、精神的障害や、心因性のほかに、生体システムの損傷や、医療の術後の後遺症や、薬物でも生じることがわかっており、その原因とされるのは多様な要因があることがわかったので、これについては、後日レポートにまとめて取り上げることにしよう。

 自身の場合の性嫌悪症といえば、性機能障害に関連する、心因性の障害…というより、そのメカニズムは典型的なC-PTSDの障害から引き起こされた現象そのものであるのだが、可視上の症状では、性嫌悪症に綺麗に当てはまる。

 厳密には、それまでの環境での経験値で生じるようになった〔C-PTSDやトラウマの障害〕から始まり、反復のDV体験から〔性機能障害〕を体験した末に生じた〔性嫌悪症〕となっている。

 これを何度も反復的に体験する状態を長期間曝されたために、重度の〔性嫌悪症〕に至り、現在ではその極限状態に至っている。


 その由来は、胎児期に発生した重度のC-PTSDやトラウマから始まった各障害を土台となる軸に、生後からの従来の積み重ねてきたC-PTSDやトラウマの積み重ねから至った重度のC-PTSDやトラウマによる障害が極限に至ったために些細なことで容易に障害を引き起こさせる原因となっている。

 そのストーリーの流れを追っていけば、〔結果的に被虐待児となってしまったC-PTSDやトラウマ〕や〔被虐待児だったために生じる障害で引き起こされた幼児期までの認知発達障害〕を根本の原因としたものであるが、構造的にはロジック上で繋がった1つのフラッシュバック因子の障害で、それまでの環境内での経験値によって築かれた異性に関するもので形成された〔C-PTSDやトラウマ因子〕が重度化したために発生している障害となる。

 〔"根本となる原因としたもの"の各障害〕に〔ロジック上で繋がった1つのフラッシュバック因子の障害〕とするこの後者の発現因子は、〔更に積み重なって構築された結果、更に重度のC-PTSDやトラウマを形成しており、そのフラッシュバック因子は多岐にわたる〕。このため、ネット環境においても視覚といった情報を通して脳内で容易にフラッシュバックしてしまうことから、重度にいたっていた〔性嫌悪症〕を更に深刻化させてしまっているらしい。


 そこで、これに対応するに科学の分野からメスを入れることによって、フラッシュバック因子に繋がりにくい脳内環境を構築する実験を行うことにした。

 即ち、〔リサーチや自己研究〕と平衡に〔臨床実験や認知行動療法〕を同時にやってしまおうというものである。
 
 何故そうするのかにおいては、問題が発生した場合、速やかに対処した方が、内外の被害を最小に抑えることができるからである。


 勿論、自身が発生させる障害の状態は、ほんの些細な視覚情報でも容易にフラッシュバックするだけに、明らかに私生活に支障が出るため、少なくとも、深刻な問題となる。

 具体的に言えば、C-PTSDやトラウマ由来の〔性嫌悪症〕に見られるような障害が極端に発生しているからだ。

 だから、〔女性性機能障害(FSD)〕を扱った専門情報でも、性行為を勧めたり、性行為を勧誘するような情報でも、極端な嫌気の拒絶が容易に発生する。

 たとえ〔深刻な問題〕として改善する必要があると重々認識してはいても、性行為に関するものに対して、極端な嫌気の拒絶が容易に発生するので、見た目〔性嫌悪症〕で、その各症状が発現するだが、明らかにC-PTSDの障害だと思う。

 実質のところ、ごく純粋な愛情からきたものや、性欲の気を感知しない場合には障害が生じないこともあることから、何がそれを引き起こすのかの詳細については、ミクロレベルの因子について、よく調べてみる必要が考えられるため、追ってみていこうと考えている。


 この流れから、〔性に関する障害に因んだ関連リンク〕をブログに付加し、参考となりそうなデータをUPしている。
posted by 0≠素子 at 17:18| Comment(0) | 性に関する障害について(個人対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。