2009年03月01日

DSM-IV-TRのテキストから - 性虐待に対するデータより。

 DSM-IV-TRのテキストから - 性虐待に対するデータより。


▼被害者について

 被害者は、しばしば生命に関わる状況にある。強姦されている間、
被害者はパニックに近い衝撃と恐怖を経験する。そして、命が助かる事を一番に願う。

 殆どの場合、強姦犯は自分より少し小さい被害者を選ぶ。彼らは被害者の上に排尿や排便をすることもある。また、顔や髪の毛への射精や肛門性交を行ったり、膣や直腸に異物を挿入したりする。

 強姦の後、女性は恥、屈辱、混乱、恐怖、激しい怒りなどを感じる。
反応の種類や期間は様々であるが、その影響は1年またはそれ以上続くと報告されている。

 また、外傷後ストレス障害の症状を訴える女性が多い。



 次に加害者に当たる行為を書きに示す。

* (:二次元・官能小説・同人系の作品には現実に行えば性虐待に相当するものが殆どである。)

1.【性的強制】

 性的強制(sexual coerction)は、DSM-IV-TRでは、ある人が他の人を力で支配し、性行為を強要する事に対して用いられる用語である。

・ストーキング
 ストーキング(staliking)は相手に害を及ぼすという脅しと結びついた嫌がらせあるいは脅迫行為。ストーカーの殆どは殆どが男性であるが、女性も被害者を暴力的に襲うのと同様の行為をする。

・性的嫌がらせ(セクシャルハラスメント)
 性的嫌がらせは、性的な誘い、性交の同意の要求、性的意味を持つ言葉や身体的行為など、全て被害者に嫌がられることをさす。


▼性的嫌がらせについて

 性的嫌がらせについては、DSM-IV-TRのテキストでは、95%以上の件数で、加害者は男性、被害者は女性だとされる。もし男性が嫌がらせを受けるとしたら、ほとんど別の男性による者である。男性に対し性的な嫌がらせをする女性は、極めて稀である、と挙げられている。(このテキストは米国のデータがベース)

 しかし、日本国内の場合、歴史の過程上封建主義から男性優位の社会からの流れであるので、実際には、別に女性社会の世界が存在する。女性社会は、一般的に男性社会には見せることはない。(日本国内のデータベースが必要)

 事件に至ったデータを見ると、最近は男女ともそう変わらないらしい。各国、地域では多種多様であるため、それぞれの基準も違うのは
仕方がないことなのかもしれない。臨床精神医学系の診断基準は2012年改定らしい。

 嫌がらせの被害者は、さまざまに反応する。自分を責めて落ち込む人もいれば、悩んだり起こったりする人もいる。一般的に嫌がらせは殆どの場合職場で発生するので、多くの組織が問題に対処する手続きを生み出している。しかし、殆どの場合被害者は、報復、屈辱を与えられること、嘘をついていると告発される事(データでは極めて稀とされるが実際はケース・バイ・ケースだろうからわからない)、最終的には仕事を解雇される事などを恐れ、名乗り出て苦情を申し立てる事をしたがらない。

 性的嫌がらせを構成する行動の種類は、広範囲に及び、悪態、性交の同意の要求、性的冗談、見つめる、色目を使う、マッサージするなどがある。(これらは、DSM-IV-TRのテキストより、日常での一般的な話より)

続きを読む
posted by 0≠素子 at 06:21| 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

DSM-IV-TRの性的欲求の障害

### DSM-IV-TR 302.71
  性的欲求低下障害の診断基準 ###

A. 性的空想と性的活動に対する欲求の持続的または反復的な不足(または欠如)、不足または欠如の判断は、臨床家が年齢および個人の生活の状況など性機能に影響する要因を考慮して行う。

B. その障害によって著しい苦痛または対人関係上の困難が生じている。

C. 性機能不全は、他のI軸障害(他の性機能不全を除く)ではうまく説明されないし、物質(例:乱用薬物、投薬)または他の一般身体疾患の直接的な生理学的作用のみによるものではない。

▼病型を特定せよ
生来型
獲得型

▼病型を特製せよ
全般型
状況型

▼特定せよ
心理的要因によるもの
混合性要因によるもの

*(「DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル第4版、本文改訂版」「Diagnostic and Statistical Munual of Mental Disorders, 4th edition, Text Revision : DSM-IV-TR」より転載)

 性的欲求の障害は『性的活動の欲求と性的空想と性的活動に対する欲求の欠如または不足』と特徴付けられる「性的欲求の障害」と『性的伴侶と性的接触の全てに対する嫌悪および回避』と特徴付けられる「性嫌悪障害」の2つに分けられる。

### DSM-IV-TR 302.79
  性嫌悪障害の診断基準 ###

A. 性的伴侶と性器による性的接触のすべて(またはほとんどすべて)を持続的、または、ほとんどすべて)を持続的または反復的に極端に嫌悪し回避すること。

B. その障害によって著しい苦痛、または対人関係上の困難が生じている。

C. 性機能不全は、他のI軸障害(他の性機能不全を除く)ではうまく説明できない。

▼病型を特定せよ
生来型
獲得型

▼病型を特製せよ
全般型
状況型

▼特定せよ
心理的要因によるもの
混合性要因によるもの


*(「DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル第4版、本文改訂版」「Diagnostic and Statistical Munual of Mental Disorders, 4th edition, Text Revision : DSM-IV-TR」より転載)

 性的欲求低下障害は性嫌悪症よりも一般的で、また男性よりも女性の方が多い。

 性的欲求の障害には、さまざまな要因が関係している。性的欲求の障害を持った人の中には、性交渉に対する無意識の恐怖から身を守るために、性的欲求を抑制する人もいる。

 フロイトは、性的欲求低下を、精神・性発達上の男根期における抑制よエディプス葛藤を解決できなかった結果として概念化している。中には発達過程の男根期に留まり、膣を恐れ、それに近づくと去勢されるかもしれないと信じている男性もいる。フロイトはそれを「歯を持った膣(vaginna dentata)」と呼んだ。

 欲望の欠如はまた、慢性的なストレスや不安あるいはうつ病の結果生じうる。


posted by 0≠素子 at 01:45| 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

DSM-IV-TRの性機能不全

 精神疾患の診断・統計マニュアル、本文改訂版」(Diagnostic and Statistical Munual of Mental Disorders, 4th edition, Text Revision : DSM-IV-TR)では、性機能不全はI軸障害に分類される。性機能不全は、性生理学的反応に相関し、4つの相に分けられる。

### 性反応周期の DSM-IV-TR による
  相およびそれに関連する性機能不全 ###

【相】

1. 欲求
2. 興奮
3. オーガズム
4. 消散

【性機能不全】

性的欲求低下障害、性嫌悪障害、一般身体疾患による。
 性的欲求低下障害(男性・女性)
 欲求障害を伴う物質誘発発生性機能不全

女性の性的興奮の障害、男性の勃起障害(3相、4相で起きることがある)、一般身体疾患による性陣痛症(男性・女性)、性的興奮障害の伴う物質誘発性性機能不全、女性オーガスム障害、男性オーガスム障害、早漏

性交後不快気分、性交後頭痛  

 性機能不全は、主観的な快楽や欲求、性交渉の遂行の障害を含めた各相のもしくはそれ以上の障害である。どの型の障害も単独もしくは複数で起こりうる。

 性機能不全が臨床像の主要な部分を占めているときのみこの判断は下される。性機能不全は生来型か獲得型、全般型か状況型、心理的要因によるものか、身体的要因によるものか、もしくは、混合性要因によるものかに分けることが出来る。

 もし一般身体疾患または薬物の使用やその有害作用が性機能不全を説明するのに十分である場合には、一般身体疾患による性機能不全または物質誘発性性機能不全と診断される。性反応周期と関係のない性機能不全を示す。

### 性反応周期の相と関連しない性機能不全 ###
【性交陣痛障害】膣痙攣(女性)
【その他】特定不能の性機能不全として
1. 性的刺激に対して正常な生理学的反応があるにも関わらず官能を感じない(例えば、オーガズムにおける快感喪失)
2. 女性における早漏に類似した状態
3. 自慰中に生じる生殖器痛

 早漏を除いて、性機能不全は他の精神状態と別個に起こることは滅多にない。性障害は対人関係に問題を起こしたり、あるいは、対人関係の問題によって起こることがあり、患者は性交渉の失敗に対する恐怖や自分の性機能に対する意識が高まっていく。

 性機能不全は気分障害、不安障害、人格障害、統合失調症などの他の精神障害と関連していることがしばしばある。多くの例で、性機能不全は他の性機能障害に合併して診断されうるが、時には他の精神障害の一症状として診断されうることもある。

 DSM-IV-TRでは、性機能不全は性反応周期における障害、または性交に伴う陣痛と定義づけられている。DSM-IV-TRには、性機能不全には、性的欲求の障害、性的興奮の障害、オーガズム障害、性交陣痛傷害、一般身体疾患による性機能不全、物質誘発性性機能不全、および不特定の性機能不全、の7つの主項目がある。

 性機能不全は生物学的な、問題や精神内界の問題や内的葛藤もしくはそれらの要因が重なり合って生じうる。性機能は種々のストレス、感情障害、あるいは性機能や生理学を無視することによって障害を受けることがある。

 性機能不全は生来型と獲得型(その性機能不全が正常に機能した期間の後に発現するか)に分けられる。また機能不全は全般性と、ある特定の相手や状況に限られている状況型とに分けられる。

 機能不全を考えるときに臨床医は性機能不全に影響しうる一般身体疾患や薬物の使用を除外する必要がある。機能不全が生物学的な問題ならば、身体疾患や薬物の影響とは関連のない性機能不全に対する本質的な証拠がない限り、その診断はIII軸に記録すべきであるとする。中には2つ以上の性機能不全(例えば、早漏と勃起障害など)をもつ患者もいる。
 

### Up Data ###
DSM-IV-TRの性的欲求の障害


posted by 0≠素子 at 01:30| 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

性を拒む女性たち

 「性嫌悪症」「性交陣痛症」「膣けいれん」は、病態としては別のものに分類されるが、いずれも性を拒否するという心理や認知行動は共通するものである。

 『セックスレスの精神医学』で権威の安部輝夫医学博士は、この疾患を拒食症になぞって、「拒性症」と名付けたという。

 この「拒性症」とは、カプランが1987年に著書の中で「 sexual avoidance syndrome 」としてまとめた疾患群の和訳に当たる。

 疾患はそれぞれ異なるが、これは表現の形が違うだけで、底辺にあるものは共通している。


(フラッシュバックのため、嫌気がさしたので中断する)
続きを読む
posted by 0≠素子 at 14:53| Comment(0) | 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

女性の性障害

 女性の性機能障害で多いのは、「性嫌悪症」「性交疼痛症」「オルガスム障害」「膣痙攣」である。

 1980年代から現在までのデータを大まかに相場を上げると、次のようになるだろうと思う。

### 女性の性機能障害で多いもの ###
1.「性嫌悪症」・・・・・・50%
2.「性交疼痛症」・・・・・25%
3.「オルガスム障害」・・・15%
4.「膣痙攣」・・・・・・・10%

 これらは、「ICD-10」や「DSM-W-TR」では、それぞれ独立した別の疾患と分類されているが、臨床の場で実際の症例を見ていると、分類が困難であったり、それぞれの合併症や移行例も見られ、なかなか複雑であるという。

 女性の性障害についての概要は、前回の『女性性機能障害(FSD)について』で取り上げたが、ここでは主訴が何か、メインになっている疾患は何かで分類している。


 女性の性機能障害である場合は、男性の性機能障害に比べ、複雑なものになっていることは、前回の『セックスレスの病型分類』でもとりあげた。女性の性機能障害については、『女性性機能障害(FSD)について』で取り上げた。

 『セックスレスの精神医学』で権威の安部輝夫医学博士は、女性の姓障害について、本書で次のような注意点について触れていた。

 また、膣痙攣は「膣の外三分の一の筋層に不随意性のれん縮があり…」と定義されており、内診のできない精神科医にとっては確定診断の出来ない疾患である。

 しかし、膣痙攣は心身症、つまり、「からだに現れる心の病気」であるから、婦人科との連携をもちながらの治療が必要になってくる。

 但し、精神科医と産婦人科との連携を持ちながらの治療が現実的で可能であるかどうかは、自身は専門家ではないので、そこのところはよくわからない。おそらく、提携を持った病院でなければ難しいかと思われる。

続きを読む
posted by 0≠素子 at 23:15| Comment(0) | 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

セックスレスの病型分類

 『セックスレスの精神医学』で権威の安部輝夫医学博士によれば、「セックスレスの背後には、いくつかの心理的な原因が考えられる。」という。

 例えば、男性であれば、EDや早漏など、見た目上では身体的な問題と見なされがちな原因でも、深く探っていくと、何らかの心因が隠されていることがある、という。女性であれば、FSDや性嫌悪症などがこれまで多くあったが、女性の場合は『女性性機能障害(FSD)について』で取り上げたように、原因は心因性のものが殆どとされるが、実際は複雑な要素で成り立っていることが多い。

 セックス・セラピーは、問題と見なされる原因となる何らかの心因を探っていくことが目的の一つとされているが、まず、セックスレスを引き起こす性障害は、次の3つの障害に分けられる。

### セックスレスの病型分類 ###

@ 性欲相の障害
 性的な欲望が障害されている症例で、〔性欲低下障害〕と〔性嫌悪症〕とに分けられる。

A 興奮相の障害
 男性ではED、女性では膣潤滑不全、いわゆる「濡れない」ことである。

B オルガスム相の障害
 男性では膣内射精傷害を主とする遅漏と早漏。女性ではオルガスム障害、即ち快感が得られない現象である。

 これらの分類は、カプランによって分類された「性の三相概念」が提唱されたもので、DSM-Vよりその三相概念は性障害分類の理論的基盤となった。

 性欲相の障害はDSM-IIIにより性的欲求の抑制(Inhibited Sexual Desire)として疾患単位で定義つけられ、DSM-V-Rではさらに性的欲求低下障害(Hypoactive Sexual Desire Disorder)と性嫌悪障害(Sexual Aversion Disorder)の二疾患へと分類され、DSM-W)へと至っているらしい。(参考:『杏野丈ホームページ - 2000年の「臨床精神医学講座S4摂食障害・性障害」に収められた論文』) 

 この三相での障害が一つでもあればセックスレスに成り得る、と安部博士は言う。場合によっては、複数、或いは、三相にわたってすべてが障害されていることもある、という。

 これらの性障害は、現在精神医学で用いられているアメリカでの診断基準「DSM-W-TR」に従い、いずれも次のような病型に分類できる。

### 安部博士が分類したセックスレスの病型分類 ###

@ 生来型 / 獲得型
〔生来型〕
 その性機能不全が、初めての生態圏からずっと存在している場合。
〔獲得型〕
 その性機能不全が、ある時を契機に現れた場合。

A 全般型 / 状況型
〔全般型〕
 その性機能不全が、ある特定の刺激・状況、または、パートナーに限られていない場合。
〔状況型〕 
 その性機能不全が、ある特定の刺激・状況、または、パートナーに限られている場合。

B 心因型 / 複合型
〔心因型〕
 心理的要因による性機能不全。
〔複合型〕
 心理要因の他に、身体疾患や薬物などが関与している場合。

 本書によれば、どの性機能障害であっても、@ABのいずれかの病型に分類されることになっている、という。


 自身の経験値上から言えば、『女性性機能障害(FSD)について』で取り上げたように、女性の性機能障害の場合は、非常にデリケートで、過去の経験値が原因で、些細なことでも障害が生じるため、もっと複雑な要因で作用しているものだろうと考察している。


 ネット上にある情報を調べてみれば、男性性機能障害についての専門知識の情報が多いのにくらべ、女性性機能障害についての専門知識の情報が少ないので、このカテゴリーでは、主に女性性機能障害について取り上げていこうと思う。



### 関連記事 ###
一般:『女性性機能障害(FSD)について
個人:『今後のリサーチ活動について

posted by 0≠素子 at 19:43| Comment(0) | 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

女性性機能障害(FSD)について

 性機能障害については、〔性に関する障害関連リンク集〕に有用な情報だと思われるものを付加しているので、詳細はリンク先を参照していただくとして…。

 性交渉において、女性に苦痛がある、または、満足の得られない状態を女性性機能障害(FSD)と言いう。

 この女性性機能障害には、その主だった諸症状として、「性嫌悪症」「性興奮障害」「オーガズム障害」などがそれに当たる。

 これらは現在、疾患として見なされ、精神医学で用いられている診断基準であるICD−10(国際疾病分類・精神および行動の障害/WHO)、DSM-IV(精神・神経障害の診断・統計マニュアル/アメリカ)で分類・定義されている。

 尚、精神医学での参考となりそうなデータでば、ネット上では「赤城高原ホスピタル」の『性障害』で確認することが可能。

 
 日本では男性の性機能障害(ED)のうち〔勃起障害〕がクローズアップされ、一般的に語られ始めたのに対し、女性の性機能障害については最近話題になり始めたばかりで、まだ情報も少なく、そのメカニズムさえ具体的に示されたものがあまりないため、国内の人口量からすれば、存在そのものもあまり知られていないであろうと想定できる。また、女性の性機能障害についての研究は最近学会内で報告されている程度で、研究自体はまだあまり進んでいない。

 実のところ、『日本性機能学会』というものがある。しかし、ごく内輪で研究が進められており、そのメカニズムというものについては、女性の性機能障害だけでなく、男性性機能障害でさえ、学術上の情報を入手することは難しい。

 ネット上にあるその殆どは、営利目的で運営されているところが殆どで、現実的には、それらの方法では、障害を回避させることは難しい。

 
 女性性機能障害である場合は、女性ひとりひとりの身体的・精神的状態で症状が異なる上、女性のデリケートな「からだ」と「こころ」が絡み合い、症状を複雑にしているため、障害を改善させるには多岐にわたる問題を解決しなければ回避されないことが想定できる。

 また、パートナーのEDが女性性機能障害を引き起こし、逆に女性性機能障害がEDの原因となっている場合も数多くあることがわかっている。

 このことから、これを改善するには、精神医学系の医療機関の手助け得て、パートナーの両者が対応のノウハウを獲得することが必要になるであろうし、たとえ医療機関を頼らずとも、知識や方法を得ることの他に、相互で協力し理解を深めながら、パートナーの両者が対応のノウハウを獲得することが必要になるであろう、と私は考察している。



### 参考資料 ###
女性医師の友 | 最近興味ある話題:FSD(女性性機能障害)
市場調査報告書:女性の性機能障害
女性の性機能障害 / 2005年の医師調査報告書 ◆発行日: 2007年6月6日
骨盤の外科の後の女性の性の機能障害: 神経倹約の外科のための場所があるか。
女性の性機能障害の治療及び女性の性機能障害の治療に有用な化合物の同定方法

posted by 0≠素子 at 07:54| Comment(0) | 性に関する障害について(一般対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。