2009年02月07日

統合失調症について

 統合失調症は、人口の約1%にに発症する。通常は25歳以前に始まり、生涯にわたって続き、あらゆる社会階層の人に起こる。この疾患に
起こる。この疾患に対して無知な人が多いために、患者もその家族も十分な治療を受けられず、社会の中で居場所を失うことが多い。

 統合失調症は単一疾患であるかのように論じられているが、おそらく多用な要因に由来するさまざまな障害群からなっており、臨床症候群、治療反応、過程においてさまざまに異なる患者を含んでいる。

 統合失調症の診断は、精神化病歴と精神的現象の診察に全面的に基づいていることを臨床医は十分に理解するべきである。即ち、臨床検査によって統合失調症と診断する事はできない。

 統合失調症に関する大きな進歩が、3つの分野で起こっている。まず第1に、神経画像技術、特に電気共鳴画像(magenetic resonance imaging:MRI)と、神経病理学的技法の進歩によって、総合失調症の主たる病態生理として特定の脳領野が注目されるようになったことである。

posted by 0≠素子 at 12:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。