2008年10月31日

性機能障害の対処法2

 先日、『性機能障害の対処法』より。

 自身を被験者にした工学的な試みによる『解離で性に関するものを完全に切断する方法』の実験は、覿面に効果があり、一切を遮断する。

 臨床の経過を見るため、本日まで時間を見た。

 同時に環境状態を観測し分析すれば、あくまでもよく物の道具として扱われる環境である以上、存在する理由もなく、完全に消滅させる事が是だと考える。


 生まれながらの被虐待児が持つ特性の『根っからの死にたがり屋』なる「自己殺傷傾向」を当事者が持ち合わせる場合、解離現象を引き起こす際に強力な効力を引き起こすが、これも至ってごく自然で物理なのだろう。



### 余談 ###

 ま、基礎科学が根付いていない場合、勘違いを引き起こして失敗されるケース、ってのは多いよね。また、工学的なノウハウがない場合、耐性計算もできずに、デメリットやリスクも計算せずに組み立てるから、失敗さしたときっての損失の痛みは大きいよね。

 エジソンのようなパターンの失敗を恐れずに研究を行える時代ってのは昭和初期までなら通用する話であって、今では工学的なノウハウを要する時代となっている。なぜなら、人間活動にはデメリットやリスクがつき物で、予めこれに対応できるように設計できてなければならないからだ。

 それは経済学界でも今世紀に学問として出てきたが、基本的に、人間活動にはデメリットやリスクがつき物で、予めこれに対応できるように設計するために、工学的なノウハウが必要とされる時代になっている。

 それは、環境問題でもみえてくる問題なのだから、いい加減、気がついてもよいのではないかと、個人的には考える。

 こういった考え方は、物事の道理だから、理屈では合っているんじゃないかと思う。個人的な感情や意思でどうにでもなるといったパラダイムの時代は、経済学史から考えると、日本の戦後から高度経済成長のバブル崩壊前の10〜20年前の間で終わっていたと考える。

 日本の経済学では経済工学が有力のノウハウだと考えられているが、海外ではどうかと言えば、米国にも経済工学があるがマニアの域でありハーバードのメジャーには上がっていない。米国は経済市場のメッカとなっているが現在の米国の経済学界は20年前より極端に低迷しており、実際に対応できるところは英国あたりで、過去の経験や実績から基礎的な経済学が英国には根付いているし、オックスフォードの方が基礎概念がまとも。

 人間活動に関連するものの一例として、例えば経済界や経済市場を見るにも、経済学や知識や技術系統は経験値によるため、この経験値がほとんどない日本以外のアジア諸国は非常に厳しい。特に厳しいのは中国で、短期間に急成長したため日本の高度成長期に発生した問題のアセスメントに対応した経験値がなくアセスメントの知見もないこと(フード&薬害問題が一例)や、人口量に対し貧富の格差に経験値から統計で想定すると難しい。

 何故厳しいのかと言えば、デメリットとリスクに対して対応できないところにある。それに、経済市場のメッカには、最悪の事態でも対処できるだけの大きなバックボーンを必要とし、それなりの資本が必要となる。

 因みに、経済学と言えば自分の元の畑であるが、高校の段階で、経済史と現代経済学とマーケティングと基礎的な商業会計…。全体図を把握するために全体を放送大学の講義や、国内外の大学レベルの専門のテキストをざっと独学しているが、流れは計算や分析を専門とする技術系を触ってきた。結局は技術系が強いということで、その流れを汲んだが、物理の成り立ちを知らなければ、厳密な試算ができない(実際の原価さえ割り出せない)と言う事で、自然科学を中心に独学を進めて早くも11年…。それと平行して工学も少しずつ学んでいたが、科学技術系の全体を網羅できている状態であるので、そろそろ工学の専門課程を独学しようなんて考えている。

 例えば、ゆくゆくは、耐性計算や設計ができるようになれたらいいな…と。

 というのは、現在の段階でも工学のノウハウは理屈上では根付いているのだけれども(設計図を見て解釈する事も出来るのだけれど)、実践的にといえば工学で使う計算はそれまでに触れてきた科学系のテキストで挙げられた数式を少し触れただけであるので、できたものを扱う場合には強いが、何かを対応するに自分で作る場合には弱い。また、材料のデメリットやリスクを入れた試算なんてこともできないことから、前々から煮え湯を飲んできたことでもある。だから、何年かかってもそのノウハウは獲得しようと決めている。

posted by 0≠素子 at 21:49| Comment(0) | 私的な見解について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

性機能障害の対処法

 極端な話。生きていく上では、性行為を必ずしも行わなくていいわけで、女性の場合は更年期障害で月経がこなくなるので、出産適齢期を過ぎているのであるなら、セックスレスでも良いものだと考えられる。

 極度の性嫌悪症があって性機能障害を複数持っている場合は、神経系の外傷によるC-PTSDやPTSDやトラウマが由来しているため、前にも何度か書いてきたように、研究の第一人者の医学博士でさえ、専門家でさえ難しいとされる。

 実際、生体のメカニズム上で考えても、治療するのは極めて困難であるといえる。

 しかし、性に関するものや性行為に関しない限り、性嫌悪症や性機能障害が引き起こさないところからすると、工学的な見解でみれば、根元から断ってやればいいという方法がある。

 工学的な試みによるその対策法とは、ごく簡単なもので、由来とされるC-PTSDやPTSDやトラウマに関するフラッシュバック因子となるものを用いて、画像や文面などの五感を収集できる方法で、〔解離現象〕を引き起こして、「解離性障害」の一つとされる〔「感覚」の神経経路を切断〕すればよい。

 要は、フラッシュバック因子に対し、@サンプルと蓄積されている記憶とを脳内で関連付けて、あえて障害を引き起こし、A〔これまで動作していた回路〕を【〔フラッシュバック因子〕と〔サンプル〕(状況設定や立地条件など)とを強く結びつけて】、B〔これまで動作していた回路〕を【〔フラッシュバック因子〕と〔サンプル〕(状況設定や立地条件など)とを強く結びつけて(よく認識することで関連付けして)】いるもので解離現象を引き起こしたエネルギーを使用して神経回路を切断する。

 回路の切断には、粒子の温度が低いほど量子力学の作用で切断できる。熱力学ではフラッシュバック因子がエントロピーを示す事をさす。即ち、熱力学ではフラッシュバック因子がエントロピーを上昇させた上で、量子力学上では粒子の温度を低く設定すれば、熱力学と量子力学作用の両方で神経系回路の切断が可能となる。

 具体的には、例えば、〔恋愛感情と性行為を混同して接するケース〕である場合には、〔信頼感〕や〔絆〕といったものに関するものを座標にして切断すればよく、そうでない場合には、〔性行為〕自体、或いは、〔性に関するもの〕に対して座標とし切断すればよい。


 解離現象には、神経系の決断や記憶の忘却・封印なども含まれるが、それはフラッシュバック因子とデータの質量で、導かれる結果となる現象が違ってくるようである。

 自身を被験者に臨床実験したところ、どれも可能となることがわかった。


 元は自己殺傷傾向の発生から生じたものであるが、そもそも解離現象というものは、固体自身を守るための自己防衛システムの1つであるため、療法として使えるようだ。


 つまりは、〔あえて生体構造上のシステムを破損させる〕といった、〔根元から断って完全に使えないようにする〕とした方法のものである。

 重度に至れば至るほど、容易にできる方法となる。

 この方法を行った場合、何かを失うことになるだろうが、性嫌悪症や性機能障害の苦しみ続ける事と比べれば安いものかもしれない。何しろ、置かれた環境でその状態に至ったのだから、等価分の代償として償却できるだろう。

 残念ながら、それ以外の物理的な対処の方法はないようだ。

posted by 0≠素子 at 05:12| Comment(0) | 私的な見解について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

皆さんが勘違いされるあたり

 よく間違えられるのが、『パーソナリティ障害』を持っていると勘違いされるところで、実際、2万円ほどするカプランの参考書を読み漁ったけれども、どれも該当するものがない。

 実際、高校の頃、悩み悩んで専門家に相談したが、おそらくこの頃は躁鬱の巣窟だった頃で、「一般よりも正常に認識している」「正常すぎるほど正常だ」と太鼓判を押されて、相手にされなかった。

 で、専門書をあさって調べたところ、それは人格障害ではなく、DV環境が原因で胎児期から被虐待児として生まれた、異性愛を全く受けることができずに巣立った被虐待児二世で、貧困層での経済的な生活苦が原因で夫婦喧嘩などでDV環境だったから、エディプス・コンプレックスも踏めずに育ったので、異性に関する対処のみが対応できないという未発達や欠落部分があるというだけの発達障害があるが、ここで言う発達障害というのは、臨床の診断で下される診断名は存在しない。

 厳密にいえば、生まれつきの被虐待児である場合、必ずC-PTSDと解離ぐらいは必要最小限にある。母に愛情を十二分に受けたからそれ以外の発生するだろう障害は免れ、2歳児には発生するだろう自己殺傷傾向というのも実際出ていたらしいが、そこは自分を育てることを生きていく支えにしていた母だけに、「死んだら生きていけないぞ」と釘を刺され続けている状態で育ち、実は今現在でも手綱を引かれているらしい。

 しかし、そういった自己殺傷傾向というのは、C-PTSDやトラウマのフラッシュバックが原因だから、脳神経系の外傷由来の障害といった神経伝達系の生理的なバグにあたるから、それは、頭痛・吐き気・胃腸の痛みが生じるのと同じような生理現象であって、人格障害に当たるものでもない。

 異性に対応する能力が得られなかったということで、結果的に、極端な性嫌悪症や重度の性機能障害に至っているので、現在のところ、画像や文面だけでもコンマ0秒以内の速さで、頭痛・吐き気・胃腸が痛むなどの発作が出ることから、実生活で生きていくには実際には非常に厳しい。

 一言で性機能障害といっても、性嫌悪症のほか、細かく言えば7種類ぐらいあるわけで、極端な性嫌悪症の他に性交痛みを筆頭とした5種類は神経系の障害が出ている、といった重度な状態。性嫌悪症が手伝って治りたくもないもんだから、通院もしていない。性行為自体に拒絶反応を示しているものであるので、性行為そのもの自体がだめだという話を意味する。この障害がおきれば、性行為自体が苦痛極まりないもので、とにかく、さわらんでくれ、といった状態といえる。

 このような状態である場合、研究の第一人者の博士でも、まず治療は難しく治りにくいとされる。何しろ、「性のない世界へ行きたい」だとか「性行為の全く無い世界に行きたい」とかいった典型例で、これだけでの「死にたい気分500%」は到達する。だから日頃から癌になりやすい因縁をあえて作るような生活をしたり、早く死ねるような環境で状況設定をいくつも作っておくといった行動に出ることもある。死に関する作品を見ても解消できない場合は、大概はそうなる。そういった極端な重度の障害を引き起こす場合の大概は、C-PTSDやトラウマが関連しているというが、自分も漏れずその一人となる。

 そういった特に酷い状態の場合には、少なくとも一般説である性行為での認知行動療法は使えない。それは、C-PTSDやPTSDが絡んでいる事にある。

 勿論、パラダイム・シフト・チェンジする方法は幾つか用意していてそれに対応するノウハウはあるが、障害が発生すれば必ず解離現象が起こるので、さらにそれぞれの脳神経系の傷害が発生し、結果的に傷害が悪化する。

 実のところ、前々からあった性機能障害が次第に悪化し、今年の5月からこの状態に至っている。

 性機能障害といった場合は、心理面における精神的なストレスが自律神経系に影響し、それが原因でホルモン物質が正常に発生しないなど、嫌気を示す事からも影響しているといえるので、産婦人科に掛かるだけでは治療が完治しない事も多い。だからといって神経科にいってもそれに効く特効薬というものはなく、一般的に使われている薬剤というのも、まず副作用というものが大きい。

 性機能障害の場合は性行為がなければ、或いは、情欲の気を完治しなければ障害が発生しないものなので、何事もなく普通の状態では障害は引き起こされることなく日常生活には影響しない。しかし、PTSDやトラウマのフラッシュバックの場合は、キーワードとなる因子に触れた場合にフラッシュバックを引き起こすものなので重度に至るほど、日常生活を送るには非常に難しいものになる。

 C-PTSDたトラウマのフラッシュバックというのも、これが発生すれば、当事者としては、フラッシュバックで生じる苦しみや〔死にたい気分200%〜300%上昇〕での自己殺傷傾向が衝動的に発生するから、実生活で生きていくには実際には非常に厳しい。

 だから、人間味のない科学や技術の世界に身を投じては気分転換をしている。主観性に全く頼らずあくまでも客観性で行うから、パラダイム・チェンジも容易にできるようになるだけに気が楽となる。

 しかし、リスクを抱えたままでは、ハンディキャップが大きすぎるという事で、それを何とか個人研究で対処法を見出す事ができないかということで、暇さえあれば、科学や技術の情報を入手する趣味を兼ねてリサーチを行う事にしている。

 それは日経Sienceに取り上げられたピロリ菌についての論文を発表した研究者が、実は自身がピロリ菌株を持っていた当事者で、自身のピロリ菌を使って研究したのと同じようなものなのかも知れない。原因や物事の成り立ちを知るというのも、収穫があれば、対応策の目明日がつけられるなどした、大なり小なりの幸福を得ることができる。


 自分が専門医に頼って通院しないのは、外傷由来の脊髄系の疾患(ヘルニアに脳髄液減少症になりやすい)があるため、有効とされる薬物が使えないことや、性機能障害も持っているのもあって、有効とされる薬物が使えないことにある。

 薬剤治療以外の療法は、調べてみれば、既に実生活に役立てているものが殆どだから、通院していない。

 また、回復できるのは、生体構造の治癒能力の周期などを知っているところにあり、適度の栄養摂取と、適度の運動と、適度の睡眠に、ストレスを必要以上掛けないように努力することで、大幅改善できる。

 また、脳内のエラー現象が原因である場合は、インターネット接続のメカニズムと同じでフラグが立っているのと同等だから、一度切断して立ち上げるとの同じように、睡眠をとればまた元に戻るという利点もある。

 専門家に頼るというのも、治療で何が必要かということがわかっているだけ、今のところ自力で対処できる状態だから、たとえ酷い躁鬱になっても自分で対処できる状態なので、通院はしていない。


 まぁ、現在のところ、悪い状況といったわけではないのだけれども、未だに構造を知らない状態で見た目で決め付けられたり、実際には当てはまらないものであるのに、一般的には多いために決め付けられるといったケースがまだ頻繁にあるらしいことが今のところわかっている。

 誤解を受けるというのは、個人研究をするにも、何かと弊害があるので、念のため、補足的な意味合いで今回取り上げた。

posted by 0≠素子 at 00:33| Comment(0) | 私的な見解について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

自身の培ったノウハウで個人研究してみる

 個人研究で必要とされる専門課程のデータや目安がついたので、ぼつぼつ個人研究に取り掛かることにした。

 本日、「my listing」を追加したが、既に作ってあるリストのうち、使えそうなものから取り上げている。挙がっていないその他の関連するリストは有用なものだけ整理してから取り上げる予定にしている。

 「自身の培ったノウハウで個人研究してみる」というお題で挙げているが、分子レベルより小さな振る舞いというのがわからないといった状態なので、所謂、複雑系科学やら工学やら、できる限りの科学の知識を用いて仮説モデルを組み立てていくといった方法を行っている。

 現在、書き上げているレポートは以下に示す。

### 個人研究によるデータ ###
神経系の情報伝達での量子力学的作用はこんなもの

『情報の縺れ現象』について
二次元で生じる誤差


(注:UpDate都度に再更新する予定。)
posted by 0≠素子 at 12:40| Comment(0) | 個人研究課題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。